最近、暖かくなってきたのでお弁当を持って旦那と2人でワールド牧場に行ってきました。

やっぱり、子供連れのファミリーが多くて良い歳した大人2人で、はしゃいでるのは少し恥ずかしかったです(笑)

のんびりドライブしながら行ったので到着がお昼前になってしまって、いきなりお弁当を広げる事になったんですけど・・・
旦那が大喜びでお弁当を広げているとブタさんが足に突進してきてお弁当をクンクンしてました(笑)

でも、態勢を崩しながらも大慌てでお弁当を死守している姿が面白すぎて大笑いしている内に私のオニギリをブタさんに食べられちゃいました。

結局、ブタさんには勝てそうになかったので私たちが移動する事にしてノンビリお弁当を食べる事が出来ました
私自身あまり動物が得意じゃなくてネコ以外は触れないんですけど・・・

自然の力なのか犬や馬も触れたし、おサルさんも抱っこして写真撮ったりして凄い楽しかったです
旦那はさすがに恥ずかしかったのか抱っこしなかったですけど・・・

釣り池もあって旦那が『釣りしたい』って事でコイ釣りもしました

1時間くらい頑張ったけど全然、釣れなくて掛っても上げれないないし、凄い難しかったです
普段、短気な夫婦ですが牧場では釣れなくても全然イライラしないで楽しくノンビリした時間を過ごせました
lava西宮北口.net

新聞にシチューの歴史についての記事を発見してじっくりと読んでいた。

内容としては、
たくあん、ジャム、煮干し・・違う、これはドラえもんに出てくるジャイアンシチューの作り方、なんとこれ、川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムのカフェで置いてあるらしい。
びっくりしました。
今度行きます。

・・さて、シチューの歴史、なんと大正四年からのレシピがあるらしく、当時はシチューミクスでは無くて小麦粉でとろみをつけていた。
とのこと。

シチューと言うと給食で結構出てたイメージで、クリームシチューばかり食べていたので、大人になったらブラウンシチュー(子供の頃はそう言ってた、方言かな?)をたっぷり食べたい!と言っていた。

記事の写真に大正四年のレシピから作ったであろうシチューが載っているが、そこそこ美味しくみえる。
汁が多くサラサラしてて、ポトフみたいである。

これを見て今日はシチューにしたいのだが、ブラウンシチューかクリームシチューか迷う所ではある。
http://www.ntt1.net

子供部屋を可愛くしようと、いろいろ勉強中です。

図書館で『パリの子どもインテリア』という本を見つけ、早速借りて読みました。

色合いと言い、小物の置き方といい、何もかもおしゃれな気がします。
置いてある本が傾いていることさえ素敵に見えてしまいます。

どうやったらあんなにおしゃれになるのでしょうか。

おもちゃや雑貨が所狭しと並んでいて、ともすればゴチャゴチャな部屋です。
なのになぜ素敵なのか。

撮影用におしゃれなのを買い足したのかも、なんて野暮なことを考えてしまいます。

半ば諦めつつ本を読み進めると、なんと我が家と同じおままごとのキッチンが載っているではありませんか。

トイザらスで5000円くらいで買った木製キッチンです。

日本の片田舎でパリジェンヌと同じ物を使っているなんて、何だか悪い気分じゃありません。
いえ、もの凄く嬉しいです。

可愛いものをたくさん飾っておしゃれなお部屋にするのは到底無理だけど、ちょっとかわいいお部屋にするのはできる気がしてきました。
男のマックス口コミ

このところ暖かくなってきてほんとうに気持ちいい日が続いています。
私は毎年この季節になると、ベランダに様々な植物を植えています。
たとえば、バジルや大葉などが定番です。
バジルはパスタに添えてもいいですし、トマトとの相性が抜群なので、フランスパンをトーストしてその上にトマトとチーズとバジルをのせたブルケッタをよく作ります。
彩りも緑と赤のコントラストがとてもきれいで、家にいながらカフェに来たような気分になり優雅なひと時を味わえます。
大葉は主に和食に合わせることが多いです。
よく使うのは大場を細かく切って、なめこの味噌汁に入れることです。
なめこのぬるぬるに味噌がよくからんでいるのですが、大葉がアクセントとしてとてもいい味を出しています。
他にも冷奴なんかは定番だと思いますが、餃子に刻んでいれたりと隠し味的に使ったりしています。
これらは初心者でも簡単に育てることができてお勧めなのですが、もう一つは一年を通じて栽培できる青ねぎがおすすめです。
ねぎは日本人の食卓には欠かせない薬味ですから、日々これを楽しむことができます。
今日のメニューは自家製ねぎを刻んだで、もりそばでも食べようと思います。
楽しみです。

男女の修羅場というのは、正直出会いたくない場面の一つである。

なぜかは知らないが、自分はよくそういった場面での仲裁を受け持つことが結構な頻度で存在する。

そういう時、いざこざの仲裁は『できる限り他人がいる場所』でやるようにしている。

具体的な場所を挙げると、喫茶店やファミレスということになる。

これがなぜかというと、そういった仲裁をするときに肉体的な暴力へと発展しづらくするためである。

両者の意見が対立し、ヒートアップしてくると手が出てしまう人というのは、どうしても存在する。

その際、周囲に他の人の目があるというのは、抑止力の一つとなりえる。

また、実際に手が出てしまったとしても、店員さんが止めてくれたり、場合によってはすぐに警察へ通報してくれる。

店に被害が出てしまえば賠償しなければならないが、それは自分がやったことではないので、自分が賠償する責任はない。

店にとってすれば、はた迷惑な事この上ないが、こっちも他人の騒動で余計な被害を受けたくないのである。

もし、知り合いの仲裁を受け持つことがあるのならば、そういった場所をオススメしておく。

みどり酵素 アマゾン

今日から上の娘の幼稚園が始まりました。
今日は始業式、今日から年中さんです。
満3歳で幼稚園に入った娘にとって、幼稚園生活は丸2年が経ち、3年目に突入。
わたし自身は年中さんからの入園だったので、娘のほうが貫禄があるかな。
名札の色も年中さんはピンク色なので、娘からしてみたら嬉しいみたいです。
娘が年中さんになったことで、ようやく自分が年中さんだったときの頃と比較できるようになりました。
わたしと娘は正反対。
わたしは積極的ではきはきしているタイプだったのに比べ、娘はテレテレで引っ込み思案。
内弁慶とも言うのですが…。
娘を見ていて、わたしはこうじゃなかったのになあとか、わたしだったらこうするのになあ、と思うところはたくさんあるのですが、
こう思うところも親子だからなのかなあと思ってみたり…。
娘が幼稚園へ行く姿に自分の小さな頃を重ねて見ながら、大きくなったなあと感じる瞬間が幸せだったり。
こないだまで自分も幼稚園生だったのになあと思うけれど、わたしもいつしかあのときの自分と同い年の娘を持つ母になったんだなー…
老けるのは悲しいけれど、子供の成長は嬉しいものです。

自分は、4月9日にWindowsXPのサポート切れ発生に伴って、メインで使っているパソコンをUbuntuというLinuxのディストリビューションに移行した。

やはり、いままで使っていたWindowsとは異なる部分が多く、苦労する場面も多々。

その中の一つに、文字コードの問題があった。

Windowsのテキストエディタでは普通に扱えるCP51932という文字コードが、うまく扱えないのである。

最初からUbuntuに入っているgeditというエディタでは読み込むことすら出来ず、新しく入れたEmacsというエディタでは一部文字が消滅する。

あまりやりたくはなかったが、WineというWindowsのソフトを無理やり動作させるソフトを使い、Windowsのテキストエディタを用いた。

なお、最終的には、文字をコピーするだけなら、文字コードの指定は必要なものの、ブラウザでファイルを直接読み込ませても問題なく表示できる事が発覚した。

『今までの苦労は何だったんだ』とは思ったが、他のソフトの扱いにも多少慣れることが出来たので、まぁいいとしておこう。
スリムフォー 口コミ

長女が小学校に入学しました。
家族一同大喜びです!
我が家は2世帯住宅で、主人の両親も一緒に入学式に参列しました。
特に義母は私よりも楽しみにしている様子で、フォーマルスーツも娘と一緒に新調するほどです。
娘のスーツは友人の子供のお下がりを借りる予定だったのですが、義母に「新品くらい買ってやれば?」と言われて
とあるブランドのスーツを買う羽目に。
確かに可愛いし似合うんですが、出費がかさんでお財布には痛かったです。
入学式でも主人の両親は写真を撮りまくり、舞い上がっている様子でした。
両親が特に驚いていたのが、今時のランドセル。
ある程度の知識はあったようですが、さまざまなデザインの物を見て
「あんなカワイイランドセルがあるんだったら、孫にも買ってやれば良かった」と悔やむ場面も。
私があまりゴテゴテ刺繍のついたデザインが好きではなかったので、シンプルな赤のランドセルを選んだので
ちょっと不満そうな義母でした。
でも6年間使うものなので、ランドセルのデザインだけは私の好みを押し通しました。
入学式が終わり、夜はお寿司をとってお祝いしまいた。
明日からの学校生活、親子ともどもドキドキです。

人の彼氏を紹介してもらったときって、とても客観的に見れるものだ。
自分が当事者のときは、本当にわからない。
相手のことが良く見えすぎて、全然気付かない。
昨日は友達の彼氏を写真を見せてもらい紹介してもらった。
まず、毛が薄くないですか、と思ってしまった。
今はまだかろうじで隠せているかんじではあるが、ばれる。
ま、これは見た目の話だから愛せるなら友達にまかせよう。
問題は性格だ。
まず、私は信用できそうにない人だな、と思う。
すでに家にお泊まりにいってしまっているらしく、そこはもうどうでもいいけど、
彼の家には前の彼女の私物が部屋のいたるところにあったそうだ。
うーん、別れたてだとしても、普通、部屋の前で待っててもらうとかして、隠すものではないか?
まだ付き合いたての信頼関係もぐらぐらしている状況なのに、それが平然と見せれるかんじが理解できない。
私の考え過ぎなのかもしれないけど、どの彼女とは切っても切りきれずの関係でずるずる続いているのではないか??と思ってしまった。
そして、私はそれを口に出してしまった…完全に余計なお世話だったな、と後悔した。
友達は少し不安に思ってしまったらしく、彼に問いつめて聞いてみるといいだした。
嫌だな。
心配。

専門学校の入学式に行って来た。
見たことない人たちに囲まれて、肩もあがりっぱなし1日中凝り固まってしまってすごく疲れた。
先生の話はとにかく長くて、必要なことを言ってくれてる分にはいいんだけど、なぜか同じことを何度も言う…
プリントに書いてあることをそのまま読む…
それならプリント配る意味ないよ?とちょっと思ってしまったり。
最初だしね、聞いてない人も寝てる人もいるからきっと用心深く繰り返したんだよね。
それにしても式やオリエンテーションの長いこと。
お尻がカチカチになって痛かった。
こんなとき、思いっきり眠れてる人を見ると潔くてすごいなと関心してしまう。
私には無理だ。
臆病だし、人に聞けるほどまだ仲を築けていないし。
新しい人と当たり障りのない会話をして、名前を頭に叩き込んで、緊張して、座りっぱなしの1日で。
ああ?、これが入学式だったよな?、としみじみ、久しぶりに人付き合いの難しさを経験した。
小学校ではもっとハードだったよな、毎年のクラスかえでこんな思いをして、また新たな出会いに頑張って適合して。
子どものメンタルはすごいや。
私はなかなか疲れたぞ。
学校の後に働いたりアルバイトしたりするつもりだったけど、今日は疲れて家に帰って来てしまう始末。
がんばんなきゃ?と思って、眠ってしまった1日でした。