パリの子どもインテリア

子供部屋を可愛くしようと、いろいろ勉強中です。

図書館で『パリの子どもインテリア』という本を見つけ、早速借りて読みました。

色合いと言い、小物の置き方といい、何もかもおしゃれな気がします。
置いてある本が傾いていることさえ素敵に見えてしまいます。

どうやったらあんなにおしゃれになるのでしょうか。

おもちゃや雑貨が所狭しと並んでいて、ともすればゴチャゴチャな部屋です。
なのになぜ素敵なのか。

撮影用におしゃれなのを買い足したのかも、なんて野暮なことを考えてしまいます。

半ば諦めつつ本を読み進めると、なんと我が家と同じおままごとのキッチンが載っているではありませんか。

トイザらスで5000円くらいで買った木製キッチンです。

日本の片田舎でパリジェンヌと同じ物を使っているなんて、何だか悪い気分じゃありません。
いえ、もの凄く嬉しいです。

可愛いものをたくさん飾っておしゃれなお部屋にするのは到底無理だけど、ちょっとかわいいお部屋にするのはできる気がしてきました。
男のマックス口コミ